読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大切なものは目に見えないんだよ

学生時代の頃、まだビデオというものが各家庭に存在していた頃の話です。

私は図書館で本を借りることが多く、ほぼ毎週近所の図書館へ行っては本を借り、返すときにまた借りるという生活をしていました。ほとんど常連になっていたので、受付の女性にも顔を覚えられたりして「どうでした?」と本の内容を聞かれたりする程度のやりとりをしていました。

図書館というのは本だけではなく、過去のCDやビデオ(いまだとDVDですね)が無料で借りられたりするので、貧乏な学生にとってはとても助かる施設でした。

そんなわけで基本的には本を借りることが多かったのですが、時にはビデオを借りたりすることもありました。その日に借りたのはサン=テグジュペリ原作でお馴染みの「星の王子さま」の映画です。1974年に公開されたミュージカル映画ですが、今でも色褪せることのない名作です。

これは感動しました。当時20歳になったばかりでしたが、いい映画を見てしまったなあという余韻に浸りながら、貸出期間中に何度も見た記憶があります。

それで貸出期限も迫ってきたので、借りた本と一緒に星の王子さまのビデオを返そうと図書館に向かいました。受付カウンターにはいつもの女性がいて「どうもこんにちは」という挨拶もそこそこにビデオと本を返却しました。その女性は星の王子さまのビデオを見て「これ私も好きです」なんて言ったので、私も負けじと「とても面白かったです!期間内に見すぎてテープが擦り切れちゃうかと思いましたよ(笑)」と小粋なジョークを挟みながらにこやかに話をしました。

そして受付の女性はビデオケースをぱかっと開けて中身を確認したのですが、なんだか気まずいような表情でこちらを見ています。私は「どうしたんですか? あ、もしかして僕がどこかの小惑星からやってきた王子だと思ってるんですか?(笑)」などというジュペリジョークを飛ばそうと思いましたが、どうやらそんな雰囲気ではないようです。

少し言いにくそうに「これ…」と差し出してきたビデオのラベルにはこう書かれていました。

「たわわな欲望 蒼井そら

私は耳がカッとなるのを感じました。これは当時の私のお気に入りのビデオでした。それこそ、見すぎてテープが擦り切れちゃうかと思いましたよというくらい見ちゃっていました。私は差し出されたそのビデオを素早くしまい「すいません!すぐに持ってきます!」と家に戻りました。

自宅に着くと散在する(蒼井そらの)ビデオをかき分けて、あれでもない(あおぞら Let's Go Blue In The Sky!)これでもない(スプラッシュ びしょ濡れマーメイド)と探し続けて、1番奥の方からやっと星の王子さまのビデオが出てきました。それは目の届かない、深い奥底に埋もれていました。

そして私は思ったのです。

ああ、大切なものは目に見えないってこういうことだったんだなと。