読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語実況の和訳のテンション

日本人メジャーリーガーが活躍するようになり、日本でも試合の様子が放送されるようになってきました。

特にスポーツニュースではメジャーリーグがたびたび取り上げられ、その活躍にスポットライトが当てられています。そして実況にも日本語訳がなされていて、我々にもしっかり伝わるようになっています。

あるニュース番組を見ていた時の話です。

その試合では日本人選手が縦横無尽の活躍をしていて、そのプレーひとつひとつをフォーカスして報道されていました。

守備の際に、物凄く鋭い送球でランナーを刺した映像が流れました。その時の実況です。

「こいつぁ、たまげたぜ!」

バッティングでも活躍を見せます。ライト線を抜ける打球で、三塁打となりました。その時の実況です。

「マジで信じられないぜ!」

次の打席でも塁に出ると、鮮やかに盗塁を決めました。その時の実況です。

「もう誰にも止められないぜ!」

私は何となくその実況の和訳を見ていましたが、ふと違和感を感じました。

なんだこの和訳はと。

確かに英語と日本語を完全に通訳することは不可能だと思います。微妙なニュアンスの違いなどはどうしようもない部分があるのも事実です。

しかし

「こいつぁ、たまげたぜ!」

とか

「マジで信じられないぜ!」

とか

「もう誰にも止められないぜ!」

とか、そんな言い方しますかねと。完全に「日本人が決めつけてるアメリカ人像」で和訳しちゃってませんかと問いたい。問い詰めたい。小一時間問い詰めたい

と、そんなことを思っていたのですが、よくよく考えてみると

「これはすごい送球です!」

とか

「ナイスバッティングです!」

とか

「今日の彼は止められません!」

などと日本風の和訳をされたら、それはそれでメジャーリーグのダイナミック感が損なわれるような気もします。

そう考えるとやはりアメリカンな和訳は必要なのかもしれません。というわけでテレビ関係者の方々へお願いです。

これからもマジでクールな和訳で頼むぜ!